家を建てるということ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家を建てるということ

愛知県小牧市の建築設計事務所『ホームランディック』の女性建築士と、お金はあんまりないけど、どこまでこだわって建てられるか挑戦しているマイホーム作りを記録します! ※9月30日 着工、10月24日 上棟しました!

電気配線の打ち合わせと工事進捗

工事経過 建築士 設備

 

こんばんは、おろしです。

 

今日は現場で建築士キョンちゃんと、電気屋さんで電気配線の打ち合わせでした。

 

電気屋さんとは初顔合わせですが、優しげな、いー感じのおっちゃんでした。

 

キョンちゃんやボクが意匠面を考えて提案したことを、実用面から意見をしてくれるので、スゴく建設的な打ち合わせになったと思います。

 

例えば洗面台付近のコンセントとか、ウチは三面鏡のミラーボックスを採用しており、ボクはボックスの中にコンセントを設置したい(ミラーボックスの中に元々コンセントがあるものも多いですが、ウチが選んだのにはなかったため)と要望し、キョンちゃんも同調してくれたんですが、

電気屋さん「いや、それ使いにくいよ、コンセントを使うときはミラー1面開けてなきゃダメだし。」

 

んー、その通りで、ごくごく当たり前かもしれないけど、デザイン面で躍起になっているボクはそーゆーことに頭が回ってないんですよねー。

 

あとは、同じ部屋の中でも、やたらと回路を増やす(分ける)人も多いらしく、「実際はそんなに分けて使わないよ。電気屋さん的にはスイッチも増えて(儲かるから)ありがたいけど、シンプルな方がいーよー」

ってなこともおっしゃってました。

 

スイッチは支給する所もあるので、電気屋さんとのコミュニケーションが大事だと思ってたけど、実際問題ちょー大切です。

大げさかもしれないけど、ここにすれ違いが起きるとスイッチ計画が破綻しますのでね。

 

大体の位置は元々決めてあったので、凡そ2時間強で今日はおしまい。

 

今日決めたことを図面に起こしていただき、最終チェックをします。

 

 

 

工事の進捗の方は、窓が全部つきましたー。

品番や位置的なミスもなく、とても良いかんじー。

 

と、いーますか、なんか空間自体がとても良い感じに収まってます。

 

想像していたモノがどんどんカタチになっていく中で、ボクは『予想よりも良くなる』という自信はなかったんです。

『自分のできる範囲のことを注ぎ込んで、それらが上手く調和していく』

そんなに上手いこといかないよなーって思ってたんです。

 

それは現段階では杞憂に終わりそう。

さすがボクの見込んだ(?)建築士です。

 

キョンちゃん自身も『今回は想像を越えた心地良さ、カッコ良さがあります』と言ってました。

誰にも言うのかしらね?

 

でも素直に受け取っておくことにします。

スゴくうれしかったので。

 

あとは柱に『ありがとう』が入りましたー

ホームランディックではいつも入ります。

細かなことかもしれませんが、少し嬉しくなります。


f:id:oroshinoie:20161110212519j:image

 

 

んと。

あとは、屋根が出来上がっておりましたよ。
f:id:oroshinoie:20161110211905j:image
色はまだまだヒミツですよー

そんな価値は無いのは分かってるんですが、なんか恥ずいンすよ。

 

だから完成までヒ・ミ・ツ💕

 

 

以上でした。

本日もありがとーございますー

 

 

『家建てようぜ!!』 ブログ村注文住宅ランキングはコチラ

 

 

『こっちも盛り上げよう!!』 【人気ブログランキング】注文住宅(施工主)

広告を非表示にする