家を建てるということ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家を建てるということ

愛知県小牧市の建築設計事務所『ホームランディック』の女性建築士と、お金はあんまりないけど、どこまでこだわって建てられるか挑戦しているマイホーム作りを記録します! ※9月30日 着工、10月24日 上棟しました!

【設備】キッチン:サンワカンパニー・グラッド45 その2

設備

 

こんばんは、おろしです。

 

前回の続きでゴジャマス。

 

グラッド45(サンワカンパニーのキッチン全般ですが)は、非常にリーズナブルな商品ですし、見た目も非常にかっこいいです。

 

以前にも書きましたが、この価格の商品で、角を留め加工しているのは本当にファインプレーです。

 

コレね。
f:id:oroshinoie:20161111233809j:image


f:id:oroshinoie:20161112013830j:image

 

 

では性能面ではどうなのかな?ってことを書いていきたいと思います。

 

まだ採用を決めただけで、実際に使っているわけではないので悪しからず。

 

 

ワークトップの素材

 

f:id:oroshinoie:20161112010318j:image

見ての通りで、何べんも書いてますが、ステンレスです。

ただしステンレスと一口に言っても、鋼材のJIS企画だけでも、100種類以上の綱種があるらしいです。

 

キッチンのワークトップでよく使われるのは、SUS304とSUS430という種類です。

 

SUS304は、『18-8ステンレス』と呼ばれるものですね。コレは鉄に対して18%のクロム、8%のニッケルを添加している綱ということです。

SUS430は、『18ステンレス』と呼ばれ、SUS304と違い、ニッケルが添加されていません。

 

どちらが優れた素材かと言われれば、ほぼあらゆる面でSUS304(18-8ステンレス)の方が優れています。

特にキッチンに求められる耐食性、耐熱性には大きな差があるそうです。

そして残念なことに価格にも大きな差があります💦

 

肝心のグラッド45はモチロン『18-8ステンレス』です。

 

 

ステンレスの表面加工

ステンレスの表面にも色々加工の種類があります。

最もポピュラーなのは『ヘアライン』仕上げ、次に『バイブレーション』です。よね?
f:id:oroshinoie:20161112001625j:image

R不動産さんより画像拝借

 

ヘアラインは価格もまぁまぁ、新品の時はスゴくかっこいいです。

ただしキズはすぐつきます。

特にヘアラインの方向と違う、例えば垂直にキズか入るとめっちゃ目立ちます。

 

ショールーム展示のキッチンも良く見るとキズだらけでした😢

 

対してバイブレーションはキズが目立ちにくく、光沢感もなくなり、値段も少し高いです。

メーカーにもよるでしょうが、ヘアライン→バイブにするだけで、諭吉先生が何人かは必要になります。

キッチン全体の価格からすれば何てこたぁないんですが、まぁでもヘアラインのがかっこいいです。

・・と思います。

 

その他にもエンボスやドット加工というのがありますが、コレらもキズが目立ちません。

でも・・見た目はやっぱりヘアラインが一番好きです。 

 

グラッド45はヘアラインしか選べません。

聞いたらできるのかな?聞いたことないんで分からんけども。

 

 

シンク 

 

f:id:oroshinoie:20161112010306j:image

画像がちょっとアレですいません。

 

このスクエアカクカクシンクにやられちゃう方は少なくないのではないでしょーか!

 

ボクはやられました。

 

他にもカクカクを作ってるメーカーさんはあるんですが、グラッドのは本当に美しいです。

 

しかーし!見ての通り、掃除はしにくいです。

 

持ってないから掃除したことないけど。

でもショールームでしっかり見ました。

掃除はしにくい。間違いない。

 

でもかっこいいのさー。

それでいいのさー。

 

あ、シンクも当然SUS304です。

 

そして一応静音シンクなんですが、この辺は大手のキッチンメーカーさんのそれとは比べものにならんでしょう。タブン。

あまり期待しないでおきます。

 

 

扉面材

扉もステンレスです。

コチラはSUS443J1というステンレスで、SUS304と異なりニッケルが入っていません。

その代わりにクロムの添加を21%に上げて、SUS304と同等以上のレベルまで耐食性を高めています。

SUS304が高価なのはニッケルの添加が主要因となっているので、SUS304より安価にできます。

また加工性にも優れているようです。

 

 

収納

収納については、収納量の点でも使いやすさの工夫という点でも、他社のシステムキッチンには太刀打ちできていないでしょう。


f:id:oroshinoie:20161112010318j:image

ご覧の通り、仕切りのひとつもありません。

リクシルのらくパッと収納みたいなものも、カケラもありません。

 

この辺はコストカットが目的なんでしょうけど、余計なものを好まない人にとっては、却って嬉しいことでしょう。 

 

はい。ボクもです。

 

収納なんてのは、家それぞれで入れるものや使いやすさは違うと思うので、自分たちに合ったカタチにしていく方が良いと思うんですよね。

 

あー、ボクはですよ。

 

ちなみに他社では蹴込み部分まで引き出し収納になっているキッチンあるけど、グラッド45にはありましぇん。

 

んー、あれは合った方がいーカナ。

 

でも、蹴込みが凹んでるのは見た目にも使い勝手も良いと思います。

 

 

まとめー

  • ステンレスワークトップはSUS304で耐食、耐熱性は高し!
  • 仕上げはキズも覚悟だが、ヘアラインでかっこよし!!
  • シンクも掃除は大変そうだが、カクカクでグッド!!!
  • 扉面材もちゃんとステンレス!!!!
  • 収納は自分たちの色に染めていこう!!!!!

 

どうでしょう?

安いことは安いです。

でも決して見た目ばかりを追求したキッチンではないことが伝わりましたでしょうか?

 

 

キッチンに大きな予算は割けない。

でもできるだけかっこいいのにしたい。

でもかっこいいだけでは困る。

 

そうですか。そうですか。

分かりますよ。

 

 

奥さん。ここに救いの神がいますよ?

 

 

いやぁ、久々にガッツリ書いたなー

楽しかったー

 

長々ありがとござんしたー。

 

 

『家建てようぜ!!』 ブログ村注文住宅ランキングはコチラ

 

 

『こっちも盛り上げよう!!』 【人気ブログランキング】注文住宅(施工主)

 

 

 

 

広告を非表示にする