家を建てるということ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家を建てるということ

愛知県小牧市の建築設計事務所『ホームランディック』の女性建築士と、お金はあんまりないけど、どこまでこだわって建てられるか挑戦しているマイホーム作りを記録します! ※9月30日 着工、10月24日 上棟しました!

ハウスメーカー①

家探し

こんばんは、おろしです。

 マンション?建て売り?注文住宅?どれにしよーかの続きです。

 

とりあえずマンションは無しの方向になり、建て売りにするにしても、注文住宅にするにしても、一戸建てを建てたいことは決まったので、今回は最初に話を進めていたハウスメーカーについて書いてみたいと思います。

 

きっかけは住宅展示場のキャラクターショーでした。

お子さんがいらっしゃる方は一度はハマっちゃうじゃないんでしょうか?

ハマっちゃうは言葉が悪いかも知れませんが、今振り返ってのおろしのハウスメーカーへの印象は『ハマっちゃう』がしっくりきます。

別にハウスメーカーってダメだなとか、そんな話では無いので、お気を悪くされる方がいらっしゃったら申し訳ありません!

 

ただね・・キャラクターショーはね・・

ありゃズルいわ。

 

住宅展示場でちょいちょいやってることは知ってたけど、行ったことはなかったんですよね。

当時長男が『ニンニンジャー』にドハマりしてたんで行ったんですが、そして風船欲しさにいくつかモデルハウスに入っちゃうんですが、そして案の定『ステキ 』とか思っちゃって、そしてアンケートも記入させられちゃって、そして「この収入なら土地から買って注文でも行けますよ」みたいなこと言われてその気になっちゃって・・

 

「そんなん自分が引っ掛かるわけ無いじゃん」

って思ってたんですけどねー。

 

気付けば何回か打ち合わせをし、見積りまで出てたっつー・・

土地の目星さえついてないのに・・

 

いや、何回も言いますけど、ハウスメーカーが悪いってんじゃ無いんですよ!

大きな会社の作る家なら安心感があるってのもそう思うし。

現に担当営業の方は、めっちゃ良くしてくれて(当たり前か)、「うちで買わなくてもいーんで」と、色々家に関する知識を教えていただいて(ん?これも当たり前か?)。

 

まーでも営業的要素を差し引いてもホントに良い人でしたね。

結局このハウスメーカーでは建てないんですが、色々相談に乗ってくれて、出会えて良かったと思う方でした。

 

なにせぼくは出会う営業(住宅関係に限らず)の9割位は嫌い(営業の方、スイマセン)になるという大変歪みのある性格の人間です。

いや、嫌いとゆーか、怖いんでしょうかね。

自分の知らない領域のことを、ドンドン押し付けて来られるのが怖い・・のかな?

ま、どーでもいっか。

とにかくそういうぼくのメンドくさい部分を乗り越えて、ぼくの領域まで入ってこれた方は大抵好きになっちゃうんですよね。

 

だから出会った日に営業掛けてくるとか、「うちの方が安いんで、うちで建てましょうよ」とか、他社をディスっちゃう人とか、言葉にださなくてもそういう空気を感じたら、一瞬でもうその人のことはどうでも良くなります。向こうがそれに気付いても、挽回の余地も与えません。サヨナラです。

 

実際話を聞いたハウスメーカーは何社かあるんですが、上の見積りまで行ったメーカー営業さんは10回くらい会ってますが、その他の人は全員1回でアウトでしたね。

そんなにベテランじゃなかったけど、優れた営業とはこういう人のことを言うんだろうなと思いました。

 

押し引きのバランスが上手いんでしょうね。

話しててある種の心地好さがありましたもんね。

 

んー、やっぱいちいち長いな。

続きまーす。

次回は『ハウスメーカー②』に参ります !

 

 

「励みになりますっ!ポチっとお願いします!」って書いてる人の気持ち良くわかるなー

ぼくは人のを全然ポチっとしてなかったけど、これからは心を入れ替えてポチポチしていきます!

ここまで読んでくださってありがとうございます!ついでにポチっと・・💦💦



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

 

広告を非表示にする