家を建てるということ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家を建てるということ

愛知県小牧市の建築設計事務所『ホームランディック』の女性建築士と、お金はあんまりないけど、どこまでこだわって建てられるか挑戦しているマイホーム作りを記録します! ※9月30日 着工、10月24日 上棟しました!

ハウスメーカー②

家探し

こんばんは、おろしです。

 

ハウスメーカーについて、続きを書いてみましょう。

 

当時おろしがハウスメーカーに抱いていたイメージは、『安全、安心』とゆーことです。

買うものが『家』ともなると、『安全、安心』の優先順位は殆んどの人が上位にくると思います。

で、おろしはその当時は『鉄骨バンザイマン』でした。

転勤を繰り返すなかで、木造アパートから鉄骨マンションまで色々住んでみて、木造なんてあり得ねーとさえ思ってました。

そして鉄骨は一番『安全、安心』なものだと

思い込んでました。

 

前回登場したハウスメーカーは構造が鉄骨なんです。

上記の理由も相まって、営業マンの人柄も好きで、ドンドンそのメーカーに引き寄せられてく感じがありました。

 

しかしこの頃から割りとちゃんと『家』というものの勉強をしだしまして、うーん、簡単に言うと『家ってのは、ある一定レベル以上の性能で悩んだときには、必ずしも値段が高い方が良い訳ではないとゆーか、なんてゆーか、それぞれにメリットとデメリットがあり、メリットだけしかないなんてものは無いんだな・・と。自分の暮らしのスタイルから正しく取捨選択しなければダメなんだなーと強く思うようになりました。』

・・当たり前?

 構造に関することは責任が持てないので、詳しくお伝えすることはできませんが、とりあえず『鉄骨バンザイマン』は卒業しつつありました。

同時にハウスメーカー=『安全、安心』の思い込みも無くなっていきました。

 

んで改めて自分たちが家に求めることを精査することを始めた一方で、出てきたハウスメーカーの見積りが予算内に収めた場合、全然おしゃれにならん!っとなってきて・・

結局現実を見せられて初めて、自分達の『家』に対する想いや知識が、あまりにも稚拙で、浅い考えでいたんだと思うようになりました。

 

んで、担当営業にも「申し訳ないけど、そこでは建てんと思う。自分達の家への考え方も一からやり直すので・・」と伝え、実際に一から考え直したのでした。

 

この頃は今振り返ってもホントに未熟だったと思います。

そして、この時点で流され過ぎずに色々見つめ直す機会があったのは、スゴク良かったなと思います。

 

これから家を買おう、建てようと思う方、その過程でいくつかの岐路が現れますが、

 

絶対に一度立ち止まり、振り返り、時間を掛けて決断をしてください。

絶対にです。

 

これなら大丈夫、自分達は納得できているなんて、今日の自分を信じてはいけません。

少なくとも1日じっくり考えて、昨日の自分と比べてみて下さい。

 

残念ながら、客の立場から見て人生で一番高いであろう買い物を、「売れりゃー何でもいい」と思っている営業マンは沢山います。

モチロンそうでない方々も沢山いると思います。

 

どちらにしてもお金を払い続けて行くのはアナタです。

どんなに考えても後悔はするかもしれません。でも後悔した時にそれに対して納得できるかどうかはとても大切なことだと思います。

勢いで、他人に勧められるがままに決めたことを、「自分で決断したんだからしゃーないっ」って思えるかどうかです。

 

ふぅー、なんか文字ばっかになっちゃうんですけど、こんなもんですか?

写真とか載せてみたいよー。

 

次回は、そんなこんなで自分たちが『家に求めるもの』を改めて考えたお話を書くのか?な?

 

んんーちょっとポチポチしてみんしゃーい!

ごめんなさい。よろしければしてください。

 

先輩方も色んな失敗、後悔を載せてくれていますよ!

 



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

広告を非表示にする